DAYS JAPAN関西サポーターズクラブ
関西サポーターズクラブとは
ニュース&レポート
活動報告
雑誌DAYS JAPAN
雑誌DAYS JAPANについて
新世紀に入った2001年9月11日の事件の後、人々の間でメディア不信が広がっています。
私たちが知らなければならなかった情報の多くが、私たちの元には届きませんでした。 メディアの流した情報が、戦争への道を促した場合もありました。アフガニスタン攻撃、イラク攻撃を市民の力で止めることが出来なかった。
時代は危険な方向に突き進んでいます。
メディアを私たちの手に取り戻しませんか。
私たちがどの方向に向かっているかを知るためにも、私たちは世界で何が起きているかを知る必要があります。
イラク戦争開始の一年後、メディアの力を私たち市民の側に取り戻そうとするフォトジャーナリズム雑誌「DAYS JAPAN」が多くの賛同者と支援者を得て創刊されました。
その原点とは
■ フォトジャーナリズムを中心にした雑誌。
■ 「権力の監視」というジャーナリズム本来の役割を担う雑誌。
■ 「現場主義」と「調査報道」の雑誌。
■ 世界の最高水準の「ドキュメンタリー写真」を掲載する雑誌。
■ 「人間の命と尊厳」「自然の環境」を守る雑誌。
■ 「差別、抑圧、飢餓、男性の女性に対する暴力」などに取り組む雑誌。
ジェイムズ・ナクトウェイなど世界的な写真家作品を中心に池澤夏樹、斎藤美奈子、斎藤貴男ほか多彩な執筆者により毎回のテーマが切り込まれています。(戦争、中東問題、DV、環境破壊、グローバリゼーション、沖縄基地問題、薬物汚染ほか)


(DAYS JAPANのサイト--広河隆一編集長の「発刊について」より抜粋)

→雑誌デイズジャパンサイトへ

Copyright © 2006 DAYS JAPAN KANSAI SUPPORTERS CLUB All Rights Reserved.